石やさん開業の方法その1ー石の仕入れ


石屋さんをやりたい、パワーストーン屋さんをやりたい。どんな趣味でもそうですが、だいたい終着点は店をやりたい、もしくは博物館をやりたいのどちらかだと思います。

当然それには高いハードルがいくつもありますが、まずは仕入れをどうするかという問題ですね。

趣味で集めた石が10億円分くらいある、という人はそれを捌くだけで一生生きていけますので問題ないのですが、普通は減ってきた在庫を常に補充していく必要があります。

どんな物販でもそうですが、仕入れるにはとりあえず問屋さんが必要です。

【石の問屋?】

石のようなマニアックな商品にもちゃんと問屋さんが存在します。

まずは仕入れが簡単な国内の問屋さんで仕入れましょう。

「天然石 卸販売」で検索してみてください。はい、けっこうでてきますね。こういったところで仕入れることができます。今はネットショップで簡単に仕入れができるいい時代になりました。

天然石 卸販売_-_Google_検索

 

【直接見るには】

でもきっとあなたはこだわりたいはず。だいたい似たような品質の安価なビーズならまだしも、水晶のクラスターなんかは一品一品見て選びたいはずです。

そういう方は実店舗を持っているお店で仕入れましょう。

8b50e0dc3fab67f3155c15cca09d4bc5_s

問屋さんというものは古今東西を問わずだいたいどこかに集中するものです。

石屋もその例にならって集中しております。

東京なら「御徒町」、大阪なら「心斎橋」近辺に石の卸をやっている店が多くあります。

御徒町はわかりやすいですが、心斎橋は御徒町と比べると店が点在している感じですので、行く前にはざっくりどんなお店があるか調べてみましょう。

 

【展示会で仕入れる】

誰もが入れるわけではありませんが、それ以外にも展示会で仕入れる方法があります。

展示会には日本だけでなく世界中の石屋さんがきますので、海外から仕入れるための第一歩としても最適です。

また、東京や大阪から遠い場所にある石屋さんなんかも出店しますので、それらの方々から仕入れやすいいい機会です。

あえて名前は書きませんが、◯◯ミネラルショーとか、石ふしぎ◯◯◯展とかが有名ですね。ただし、すべての店が卸販売をやってくれるわけではありませんので、それは店主と個別にお話ししてみましょう。

b431d33e3c8c52de017a602ccd913f4b_s

 

【卸価格はこっそりと】

ここで注意。快く卸販売をしてくれる会社さんでも、卸価格がいくらになるかは、他の人に聞かれないようにこっそりと聞きましょう。

特に展示会の会場なんかは一般のお客さんも多数いらっしゃいます。例えば卸価格が40%引きだとしても、当然、ほとんどのお客さんは定価で買っているわけです。仕入れる以上何万円、何十万円と仕入れるわけですから値引きしてもらうのは普通のことだとしても、その価格は一般のお客さんには聞かれたくないはずです。

その点だけは注意して交渉しましょう。

f8858a6866063dc34e8ae5555435c754_s

 

さて、国内の仕入れはだいたいこんなところです。でももっと安く、もっと珍しいものを・・・そうなると海外からの仕入れです。海外からの仕入れに関しては、次回、ということで。

 

 


カテゴリー未分類

コメントを残す