人がパワーストーンにハマる瞬間を見た時のお話


パワーストーンなんて怪しげなもんだと思う人は、買ってる人の中にもそれなりに多いと思われます。私のように真っ向から否定できるのは、この業界に長くいた事と、もともと科学が好きでガッツリそっち方面の修行を積んだからだと思われます。

半信半疑、当たるも八卦、でいくうちはいいのです。しかし、運悪く、おそらく本人にとっては幸運な事に、体験をしてしまうともうそこから離れるのは難しくなります。

 

ある30代くらいの女性のお客様が閉店間際に店に駆け込んできました。どうしてもある石のブレスレットが欲しいと。

ええー、もう閉めて帰ろうと思ってたのに・・・。ただ、そのお客さんの目の輝きが尋常じゃない。ごめんなさい閉店です、でも良かったのですが、なんとなく話を聞いてみたくなり満足行くまで付き合ってみることにしました。

どうやら彼女は最近、友人の勧めで半信半疑ながらもその石を身につけてみたとのこと。するとどうだろう、立て続けにいいことが起こり、もうその石のおかげだとしか考えられなくなったとのことでした。

彼女のプライバシーのため詳細は申し上げられませんが、お話を聞く以上、その幸運自体は確かに幸運なのですが、「まぁラッキーだね」という程度のものです。何が決定的かと言うと、彼女の生い立ち、それまでの生活でした。

その幸運という事実に取り憑かれ、興奮気味だったのでしょう。普通は語らないであろうお話です。ましてや初めて会った店員にいう話ではありません。それほど聞くに堪えないお話でした。私の親友にもっと激しい人生を歩んでいる人がいましたのでそれが免疫になってくれましたが、そうでなければ私もその場で泣いてしまったかもしれません。

とにもかくにも、興奮気味のお客さんに付き合って1時間ほどかけて石を選んでもらいました。

 

彼女に幸運が訪れたのは石のせいではありません。そんな環境でもめげずに生き抜いてきた彼女の真の強さです。その結果が何のいたずらか、その石を身につけた1週間のウチに2,3個やってきただけです。

店員としての領分を超えたのかもしれませんが、私としては最後にそれを言ってしまいました。その時のお客さんの笑顔はなんとも表現できない、でもさっぱりとした笑顔だったように思えます。

はっきり言ってそれは思い込みです。石ではなく意志の力で成したのだと、私なら傲慢にも言うでしょう。ただ、それを石のおかげだといい、それにすがり、おそらく久しぶりであろう笑顔を見せたその人に、どうするのが正しかったのか、未だに私には解りません。

ただ、どういう形でもいいので、今幸せにやってくれていればいいなと、そのように思う事件でした。
[feather_share]
感動の条件 ~あなたの一生を1時間で変える本~ [DVD付]


カテゴリー未分類

コメントを残す